高反発マットレスに寝て体が痛い・寝心地が悪い。その理由は?

高反発マットレスに寝て体が痛い・寝心地が悪い。その理由は?

高反発マットレスは硬めなので寝心地が悪く感じる人も

寝苦しい女性

 高反発マットレスに寝て体の痛みや寝心地の悪さを感じることはあります。
 せっかく腰痛に良いとされる、高反発マットレスを買ったのに、心地よさを全く感じられないと、がっかりだと思います。
 高反発マットレスによる寝心地が悪い理由についてご説明していきましょう。

 

薄手のものは寝心地が悪い。マットレスの形に違和感を感じることがある。

 高反発のマットレスはある程度硬さがあり、体重による圧力を分散する効果があります。
 しかし、マットレスによっては、表面にある突起(山のようになっていてデコボコしているもの)と体が横になった時に腰の下にできる空間とのズレができるため、寝心地が悪い、熟睡できないと感じる方もいるようです。

 

 また、体重のある人は、体が沈みこんで床の底に付きやすくなります。
 そのため、高反発のマットレスであっても厚みが少ないものでは、体や腰に痛みを感じる場合があります。
 逆に体重の軽い人は、マットレスの反発が強すぎることによって、浮き上がったような感覚になってしまうことがあります。そのせいで違和感が覚えることもあるようです。

 

高反発寝具が初めての人は硬すぎると感じることも

 高反発マットレスは、素材の違いからメーカーによってマットレスの硬さが違います。
 そのため、初めて高反発マットレスが初めての人は、その硬さに違和感を感じることもあるでしょう。

 

 寝心地を考えると、ふわっとした柔らかさが大事です。
 一方で、暖かさのことを考えると、夏場はさっぱりと、冬場は温かいものが好まれます。

 

 高反発のマットレスは、体重による圧力の分散(体圧分散)を意識して作られており、他のマットレスよりも硬さがあります。
 布団の硬さが好みにもよりますが、少し硬く感じることがあります。

 

高反発マットレスの硬さは様々

 一言に高反発マットレスといっても、各社のメーカーごとに開発された使用されている繊維やマットレスが異なります。そのため、肌触りや体圧分散の力もメーカーごとに全く違うものなのです。
 必ずしも体圧分散力が強い物がと心地よい睡眠をもたらすとは言えません。その人の体型や体重、好みによって必要な力が違うからです。
 高反発マットレスを使うことで腰痛は軽減されたけど、眠りが浅くなってしまったという人もいるでしょう。

 

 体重の重たい人は、厚みの幅がしっかりとあり、体圧分散の効果が高いものが良いでしょう。体が沈みこむのを防止するためです。
 逆に体重の軽い人は、厚みの幅は中程度でも問題ないでしょう。
 体圧分散力が強すぎると体が浮いてしまうので、ソフトタイプのものが体に合うのではないでしょうか。

 

寝心地と体圧分散の両面で優れたマットレスは少ない

腰をかばう女性

 理想の寝具、理想のマットレスとは、どんなものでしょうか。
 「腰痛を改善したい」「腰が痛くならないようにしたい」という理由で、高反発マットレスを選ぶ人はとても多いでしょう。

 

 しかし、腰痛改善の効果と寝心地が比例しない場合もあります。
 高反発マットレスは腰痛改善のために体圧分散を意識して作られているため、マットレスが硬めです。
 硬いマットレスは寝心地が悪いと感じる人はとても多く、高反発マットレスはそうした人にとってとても寝心地が悪く感じられるでしょう。

 

 一般的に厚手で反発性に優れている寝具が腰痛には良いと言われますが、寝心地についてはは個人の好みによって左右されるので、これがおすすめとはなかなか言いづらいものです。
 ショールームで実際に寝てみるというのも一つの方法ですが、寝具は何日間か使わないと本当の寝心地はわかりづらいものです。
 理想のマットレスを追い求めるなら、返品保証がついた商品をいくつかためしてみるのがベストです。

 

まとめ:自分に合うマットレスは、自分にしかわからない

 高反発マットレスは、必ず全ての人に合うわけではありません。
 腰痛の予防と心地良さが一致しない場合があるからです。
 また、実際に寝てみたらイメージしていた感じと違うといったこともあるでしょう。

 

 高反発マットレスを選ぶ時は、自分の体型や好みなどを考えて選ぶと、自分のイメージに合った納得いくものとなるのではないでしょうか。
 寝心地を確認するためには、返品保証付きの物を購入し、1ヶ月程度使ってみて、体調に変化があるかを確認してみてください。

関連ページ

朝起きると腰が痛い。寝起きに腰痛にならない方法とは?
腰痛持ちの方の90%以上が、1日の中で寝起きが最も腰が痛むと訴えています。腰を冷やさず、寝返りがうちやすい状態で寝ることで目覚めはかなり変わってきます。腰が痛くて朝起きられないとならない方法を紹介します。
椎間板ヘルニアに良いマットレスとは?しびれがある人の治し方と寝方
椎間板ヘルニアは、慢性的・日常的に腰に痛みがある辛い症状のひとつです。  こうした病気が原因で腰痛を感じている人には、どんなマットレスが良いのでしょうか。  また、しびれを感じている人の場合、しびれを緩和させる寝方などについてまとめました
フローリングにマットレスを直置きにする時の注意点。
部屋のレイアウトを自由にしたいと考える人にとって、布団のようにコンパクトに片付けられて直接フローリングに敷けるマットレスはとても便利ですね。 フローリングの部屋で直置きでマットレスを使用する時の注意点についてまとめました。
ホテルのベッドで腰が痛い。旅行先でできる腰痛対策を教えて!
旅先で普段と違う寝床で寝る時、何だか体が休まらないと感じた経験がある人は多いのではないでしょうか。旅行先の寝具によっては、肩や腰が痛くなることがあります。  ホテルなど宿泊先のベッドで休む際に、腰が痛くならない方法についてまとめました。
すのこベッドに合うマットレスは?腰痛防止も兼ねたマットレスを選ぶ
すのこベットは一般的なベットと比較して通気性が良いのが特徴です。すのこベットにはマットレスがついていませんので自分で選ぶ必要があります。すのこベットにあるマットレスとはどのようなのでしょうか。