腰に手をあてる男性

痛みには「急性」のものと「慢性」のものがあります。

靭帯断裂といったケガなどをすれば急性の痛みも出ますが、慢性の痛みの原因となる

のは筋肉だけです。

 

「慢性腰痛はすべて筋肉の問題」だと言いきれるわけです。

腰痛に悩んでいる方は、いくら病院で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと診断され

ていたとしても、その診断名は忘れてください。

 

病院で言われたことをなかなか疑えないという人もいるかもしれません。しかし、病

院が根拠としているはずの西洋医学では、どちらが事実なのかがはっきりしています。

切り傷や打ち身、ウイルス感染といった例を除けば、痛みの原因は筋肉の問題以外に

ないということは科学的に解明されているのです。

 

日本の医学部生であれば、必ず教科書とするはずの『標準生理学』という本は1000ページを超える厚さの専門書ですが、その中では「痛み」について解説されている部分は5ページほどしかありません。

それでも、そこにはちゃんと「筋の収縮によって痛みが起こる」と書かれています。

 

医学部で教育を受けて医者になっている人たちは、それを見逃しているのか、読んで

いても忘れてしまっているのではないのでしょうか。

 

医学における核心といえる部分でありながら、扱いはこの程度です。こんなところにも点数主義の教育による弊害が出ているといえるのかもしれません。

事実は事実で、変えようのないことです。それを忘れてしまっている日本の医学は、

科学を否定してしまっていることにもなるのです。

 

骨がずれていたり曲がっているのが腰痛の原因であるような説明を受けた人も多いと

思われますが、それも事実ではありません。