腰痛で体をかがめる男性

ピンポイントで筋肉の異常を治せるというのは、特定の場所の硬くなった筋肉を軟らかくできるということです。

 

適切な対処法をとれば、驚くほど筋肉が軟らかくなります。

そして、それは「痛みがなくなること」「腰痛が完治すること」とイコールで結ばれます。

腰痛に苦しんでいる人であれば、腰回りの硬くなった場所に指を入れようとしても一センチほどしか入らないと思います。

軟らかくなれば、10センチ、指が入るようになります。

二の腕やお尻のぷよぷよしたところと同じくらいの軟らかさです。それは、たぷたぷした脂肪ではなく、筋肉の無緊張状態です。

 

腰痛状態にない健康な筋肉を触ると、腰痛持ちの方は、あまりの軟らかさに皆さん、びっくりします。

一般の人に限らず、医師や研究者もそれだけ軟らかい筋肉を目の当たりにすると、一様に目を自黒させます。

 

どうしてかというと、これだけ筋肉を無緊張状態にするのは、これまでにはできないことだったからです。

筋肉が軟らかくなれば痛みはなくなります。それがすなわち腰痛が治るということ、第腰痛とは縁のない体になるということです。

 

 

ストレッチやマッサージで筋肉を柔らかくすることは難しい

腰痛になったとき、すなわち筋肉が緊張しているときに、多くの人たちは、症状を悪化させる可能性が高い治療を受けがちです。

それは何も、麻酔の注射や痛み止めの薬を打ったり飲んだり、湿布を貼るなどといった行為に限られたことではありません。

 

  • 伸ばすこと(ストレツチ、牽引)
  • 揉むこと(マツサージ)
  • 叩くこと(整体、カイロプラクティック)
  • 強く押すこと(指圧)

 

これらのすべてが腰痛の際には危険です。

腰痛が出ているようなときには、筋肉の柔軟性がほとんどなくなっているので、筋肉の線維が断裂しやすくなっています。

軽い筋肉痛くらいであれば、適切なストレッチを行なうことで乳酸を排出して、筋肉痛をやわらげることはできます。

しかし、筋肉の緊張が強い場合には、ストレッチを行なうのは危険です。

専門家の指導にもとづいて行なう場合にしても、危険が伴うのは変わらないと考えておいたほうがいいでしょう。

 

揉むというとマッサージがそうですが、マッサージのあと、「揉み返し」の痛みを感じたことがある人は多いと思います。

揉み返しというのは、筋肉の線維が切れてしまい、その筋肉を治そうとしている状態です。

揉み返しがひどくなると三日間ほど立てなくなる場合もあります。

筋肉の線維を横方向に動かそうとすれば筋肉は簡単に切れてしまうので、そういう行為を治療と呼ぶのは、とんでもない話です。

 

筋肉が切れると、カルシウムという物質で固めることになるので、筋肉は揉めば揉むほど硬くなります。

そして腰痛などの症状が治りにくい体になっていくのです。

ョーロッパなどにおけるマッサージは撫でるように行なわれて、揉むということはありません。

日本では揉むマッサージが当たり前のようになっていますが、そんな状況は、本来、あり得ないことです。

 

一肩叩きなどによる「叩く」、指圧などによる「押す」という行為も筋肉を緊張させやすいので注意が必要です。

多くの人たちが、お金を払って逆効果になる危険性が高いことをしているともいえるわけです。

「温める」「電気をかける」といつた治療法もあります。

これらの場合、悪化させる危険はあまりありませんが、完治は望みにくいものです。なぜなら、温めたり電気をかけても、筋肉は表面から一センチほどしか柔らかくならないからです(「軟らかくなること」と「柔らかくなること」は意味が異なります)。

 

下半身の痛みのほとんどは腰の深部の筋肉の緊張が原因となっているので、本当の意味での治すことにはつながりにくいのです。

温熱療法や電気治療は良くも悪くもならない場合が多いという認識でいるのがいいか

と思います。鍼や灸についても同じようなことがいえます。

日本で当たり前のように行なわれている腰痛治療にはさまざまなリスクがあるわけで

す。